スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    怖かった・・はなちゃんのみそ汁

    最近、芦花部から市内までの道のりは
    桜ざかり・・・
    私は、姥盛り

    梅も咲きだして、眠たい道のりも何となく
    楽しい毎日。
    umeda2.jpg
    このコントラストが・・ね
    umeda3.jpg
    リオンもこんなに笑顔!!

    最近、”はなちゃんのみそ汁”を勧められ
    読んでいました。
    感想は…怖い

    確かに、はなちゃんのけなげさ、お母さんの前むきな生き方
    沢山学ぶことが多くて、今うちは恥ずかしながら食を見直し
    玄米が、食卓に並ぶこともしばしば。
    大事。食べること。
    人間にとって食は、生きるということ。

    素朴な、当たり前のこと、いっぱい学びました。
    ありがとう。この本にあえて。

    しかし、感動もさることながら、死ということに
    向きざるをえない、一書でもありました。
    私の周りにも、がんで亡くなった方は、何人もいたけど。
    ほとんどの方が、薬で、痛みを思いっきりとって
    痛いのか、そうじゃないのかも解らずっていう最後が
    多かったような。
    それなのに、この本では、お母さんの生きざま、苦しむ
    様を、表現されており、夜自宅で読んでいた私は・・・
    怖くなって、寝ている子供のそばにもぐりこんでしまった。

    私は、叔母や、祖父を同じ病気で亡くしており、身近な
    人ごとでない病気として考えていた。
    だから、痛み止めを使わない、使いたくない最後まで
    病気と向かい合う、母親の姿は、今の私にとって恐怖だ。
    多分、死に対する、恐怖。痛みに対する恐怖なのかもしれない。

    私も、この子供たちを残してなんか死ねないって思う。
    最後の最後まで、みんなの中で生きていたいって願う。

    私の母が父を交通事故で失くした28歳の時。
    生まれたばかりの私を連れて、大阪の街を歩いた時
    死を思ったって。
    路上の浮浪者の方に、声掛けられて、とどまったって
    聞いた事がある。
    こんな試練が人にはあるんだよね。
    今の私には、解らない絶望感。

    お父さんに生きていて欲しいから、たばこをゴミに
    捨てた、はなちゃん。
    頑張って、生き抜いて入ってほしい。

    ムーン家の玄米生活は今始まったばかり
    スポンサーサイト

    奄美の緋寒桜が見事!!

    2013年が明けて初めてのブログでした。
    12か月中、21日もすでに過ぎているとは・・・
    多分、年末になるのもそう遠くないと思われます。

    嬉しいロクちゃんからのメール。本年も皆様、
    私は年女、ムーン英会話も開講18年。

    今年は大飛躍の年にしま~す!!!

    さて、奄美の緋寒桜。今見ごろに入ってます。
    まずは・・じゃじゃ~ん
    sinsakura1.jpg
    まだ緑がありますが、昨日は最高のお天気で
    桜に後光が差しているように輝いてました。
    sinnsakura3.jpg
    我が町、芦花部から秋名までの桜ロードは
    人知れぬ、桜の名所。
    今週末は満開かな?
    鶯も桜の中で、≫遊んでいて、本当かわいい。
    こういう時間が今とっても嬉しい私。

    ちなみに同行した長男はあまり興味を示さず。
    年代もあるかと。
    しかし、この桜ロードのさくら見に来て欲しい。
    きれいだよ。
    プロフィール

    ムーンさん

    Author:ムーンさん
    FC2ブログへようこそ!

    カレンダー
    12 | 2013/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    リンク
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。